収入証明書不要のカードローンの選び方

収入証明書とは、自分の収入の金額を証明するための書類で、カードローンの審査でも提出が必要となる場合があります。ただ、一定の条件を満たせば収入証明書が不要となることも多いため、手続きを急いでいる場合は収入証明書不要のカードローンを利用するのもひとつの方法となります。

収入証明書不要のカードローンとは

プロミスのカード

収入証明書不要のカードローンとは、審査の手続きの段階で収入証明書を提出しなくても契約することができるサービスのことを指しています。この場合は必要書類は免許証などの身分証明書だけになりますので、書類の準備に時間や手間がかからないのがメリットです。

収入証明書が必要となるときは、会社勤めの人は源泉徴収票、自営業の人は確定申告書を提出することが多く、その他にも役所で取得できる課税証明書などがありますが、いずれも取得するのに時間がかかる場合があるのが難点です。

消費者金融の審査での収入証明書

源泉徴収書

消費者金融のサービスでは、比較的少額の借り入れでも収入証明書が必要となる場合が多いため注意が必要です。一般的には契約金額が50万円を超えたあたりから収入証明書が必要となることが多く、さらに申し込みをする会社と他社サービスの合計が100万円を超える場合にも提出が必要となることが多いです。

消費者金融には総量規制という決まりがあり、年収に対して借入可能な上限がありますのでそれを明確にするためにも収入証明書の提出が重要となるためです。消費者金融の場合は直近2ヶ月分などの給与明細の収入証明書として提出できる場合が多いですので比較的手続きがしやすいという面もあります。

収入証明書不要のサービスは銀行カードローンがおすすめ

もしカードローンの借り入れで収入証明書の準備が大変なため収入証明書不要のサービスを探しているなら、銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンでもほとんどのサービスが一定金額以上の借り入れを希望する場合は収入証明書が必要となりますが、消費者金融と比べると収集証明書が不要となる場合が多いです。

プロミス 50万円
アコム 50万円
ノーローン 50万円
アイフル 50万円

銀行カードローンの場合は利用限度額が200~300万円を超えたあたりから収入証明書が必要になるというケースが多く、個人でそこまでの金額を借り入れすることはあまりありませんので、一般的な借り入れではほとんどの場合が収入証明書不要となります。一部のサービスでは利用限度額に関わらず収入証明書が一切不要となっている場合もあります。

また銀行カードローンであれば、借り換えやおまとめローンを使用する際に、総量規制対象外になるため収入証明書は必要になりますが、年収の3分の1以上の借入が可能です。

量規制の「例外」:おまとめローン・乗り換えローン・医療費ローン・個人事業者による借入

引用 総量規制対象外のカードローン

また、上記のローンに限り総量規制の「例外」にあたるため、こちらも年収の3分の1以上の借入が可能です。

Continue Reading

カードローンの審査基準について

カードローンを利用するためには申し込みの手続きの時に必ず審査が必要となります。審査に不合格となってしまうと、そのことが信用情報として記録されてしまいますので、できるだけ避けたいですよね。まずはカードローンの審査がどのような基準で行われているかを知っておきましょう。

カードローンの審査基準

クレジットカードイメージ

具体的な審査基準は公表されていない

カードローンを運営している会社はたくさんあり、それぞれ独自に審査の基準を持っていますが、申し込みを検討している人に審査基準を公表することはありません

また残念ながら審査に落ちてしまったときに、その審査結果の理由を問い合わせしても回答してもらえることはありません。ただし、ある程度どの会社も参考にするであろうという基本的の判断基準はありますので、事前に知っておくとより安心して申し込みすることができるでしょう。

年収や家族構成などについて

カードローンの審査では申し込みをした人にお金を貸してもしっかりと返済ができるかどうか審査で判断しています。返済能力を判断する上で重要となる収入についての情報は重要な基準となります。

収入については年収の金額が重要なのはもちろんですが、勤続年数も重要で入社したばかりの人は評価が低くなってしまうことがあります。勤務形態はパートやアルバイトでも問題なく利用できるようになっていますが正社員や公務員などの方が安定していると考えられ評価が高くなります。勤務先の収入に加えて住居の種類や家族構成なども申し込み時に申告するようになっていますがこれらの項目も審査で参考とされています。

信用情報について

カードローンの審査では信用情報がどのような状態になっているかというのが大変重要なポイントとなります。信用情報とは過去から現在までのローンやクレジットカードなどのサービスの利用状況が記録されたものです。

これらの信用情報はCICという機関で開示することができます。

指定信用情報機関のCIC

これからカードローンの申し込みをする会社の利用が初めてであっても、他社の利用状況はかなり詳細に情報共有されていますので、 過去にどのような利用履歴を持っているかは一通り知られることになるというつもりで手続きをしましょう。もし以前にカードローンやクレジットカードの利用料金を長期的に滞納したり、支払いをせず解約になったような記録があれば、 そのことが審査の段階で判明しますのでカードローンの契約は難しくなってしまいます。

Continue Reading

借り入れを一本化して金利を下げる

ある金融機関からの借り入れ枠だけでは足りなくなってしまって他の金融機関にも手を出すのは危険ではありますが、仕方なくやってしまう人もいます。特に借り入れし始めてすぐは増額申請しても通らずに、なんとか追加でお金を手にしたければ他の金融機関を頼るしかなくなります。

そんな人に向けたおトクなローンがおまとめローンです。プロミスなどの各種大手の消費者金融どこでも用意されていて、これまでそこの金融機関で借りていなくても利用できます。

このおまとめローンの特徴というのは複数の金融機関からの借り入れを一本化する場合に限り利用できるというものです。その代わりに単独で審査に挑むよりも比較的簡単に借り入れ枠は高めに設定されます。

既に他の金融機関から借り入れができているという事実に基づいて審査してくれますので審査基準が低めに設定されていますし、その結果借り入れ枠も大きめに設定されて金利も下がるチャンスがあります。

初回借り入れならばほぼほぼどこの金融機関であっても金利は上限いっぱいで設定されます。それがネックになって支払いのたびに高い金利を払っていることに不満を持っている方にはまさに最適な手段でしょう。

借り換えによって金利を下げる

金利イメージ画像

一般的にはこの金利を下げることを一つの目的とした金融機関の変更は借り換えと言われており、消費者金融側としてもメリットのあることなのです。

これまで自社から借りていない場合、もしくは借りていても更に他の金融機関からの借り入れを切り替えてくれると金利収入の増加が期待できます。それゆえ、ある程度金利を低めに設定するようにしても元よりも金融機関の売上は増えるわけですから、比較的審査基準を低くしても展開する価値のある商品となるわけです。

殆どの金融機関と言いましたが銀行などでもこのおまとめローンが商品としてラインアップされていたりもします。借り入れするときに消費者金融を選んでしまった人も銀行からなら多少の周りに知られたときのインパクトも低くできますので切り替えする価値はあると思います。

これまで複数の金融機関からの借り入れで金利だったり管理手間に苦しめられていた人はまずは自分の利用している金融機関がおまとめローンをやっていないか確認してみましょう。

Continue Reading

おまとめローンはそこまでの借り入れがまとめられる?

テレビCMなどでも「おまとめローン」という言葉を聞いたことがあると思います。そしてその際におまとめローンって何?と疑問を感じたことがある人もいるでしょう。

おまとめローンとはその名前の通りに「ローンをまとめるためのローン」ということになります。複数あるローンをまとめるために新たにローンを組むことになるため、不安に感じる人もあると思います。それでもおまとめローンにはメリットが多いので、以下でおまとめローンについて解説していきます。

 

複数ある借金を一本化できる便利なローン

複数のカードローン

おまとめローンは銀行や消費者金融で利用できる複数ある借金を一本化できる便利なローンと言えるのです。
ただし銀行でおまとめローンとして提供されている商品は少なく、東京スター銀行のおまとめローンは有名ですが、それ以外には通常のカードローンなどをおまとめローンとして利用するケースが多くなっています。

また消費者金融のおまとめローンでは、プロミスやアイフルなどで「貸金業法に基づくおまとめローン」としての商品が用意されています。消費者金融には総量規制という法律が関わっているため、年収の1/3を超えての借入れができません。それでもこのようなおまとめローンを利用する場合に限り、これ以上となってしまっても借入れが可能になるのです。

おまとめローンを利用するメリットは多く、上手に利用することで今よりも有利な方法で返済を続けていくことができるようになるのです。

一本化によって金利が下がる場合も

金融機関から借入する時に掛かる金利は、借入限度額や借入残高により変わってきます。より多くの金額を借りる場合に金利はより低くなるため、複数のカードローンでバラバラにお金を借りているよりも、借金を1つにまとめてしまった方が借入残高は大きくなり金利は現在よりも下がることになるのです。

例えばA社で20万円、B社で50万円、C社で60万円借りている場合、借入先が全て消費者金融ならばそれぞれに18%程の金利を支払っていることでしょう。

ですがこの借金を一本化することで借金は100万円となり、利息制限法のルールから130万円以上の借入れには15%以下の金利が適用されることになるのです。

おまとめ

また上記のように3社からの借入れがある場合、それぞれに返済期日が異なっているならば毎月3回の返済が必要になりますね。毎月の支払いはこの他にも住宅ローン返済や公共料金の支払いなどがある場合には、支払い日の管理が大変になることもあるでしょう。

ですが借金の返済日を月1回にすることができれば、返済を忘れてしまう心配もなく返済意欲も上がって来るのではないでしょうか。またおまとめローンの返済期間は最長で10年という場合が多いため、現在毎月の返済で苦しいという場合でもおまとめローンに借り換えをすることで、返済額を現在よりも少なくなることも可能になるでしょう。

Continue Reading

まずは複数の会社からの借金を一つにまとめる「おまとめローン」

複数の消費者金融からキャッシングを行っているとなれば、返済日が複数存在することから、時には返済を忘れてしまったり、金利が高いという点から毎月の返済が重荷になったりとあまり良いことはありません。

そんな時にお勧めしたいのが複数の会社からの借金を一つにまとめる“おまとめローンでありますが、これにもメリットやデメリットがあると言われています。
そこで、今回はおまとめローンを利用することでのメリット、デメリットについてお話していきますので、参考として頂ければ幸いです。

おまとめローンを利用するメリット

  • 返済日をまとめられる
  • 金利を抑えることも可能

おまとめローンを利用することで返済日が月に一回となる為、返済日を忘れるリスクも少なくなりますし、借入金額が大きくなるため、金利を低く抑えることも可能です。

例えば、現在3社から合計100万円を借入しているという場合、おまとめローンを利用しないと3社それぞれに対して毎月返済を行っていかなければならず、各々の会社での借入金額にもよりますが、金利もそれほど低くはないかと思われます。

おまとめ

その状況で全く別の会社からおまとめローンとして100万円という大きな借入をすれば必然と金利も低くなり、現在最も低い金利で借入している会社よりもさらに低い金利で借入が出来ることが多いのです。

さらに、おまとめローンを利用することで、大抵は毎月の返済金額も少なくなるので、返済の面でも余裕が出てきます。

おまとめローンを利用するデメリット

  • 返済総額が上がる可能性もある

しかし、おまとめローンは、最終的な返済総額が利用する前より増えてしまう場合があるというデメリットもあります。

これは先の例でいえば、おまとめローンを利用したからといって100万円の借金は存在したままであり、毎月の返済金額が減る代わりに返済回数が多くなることも考えられますので、その分の金利分が上乗せされ、最終的には利用する前より増えてしまうということです。

ですから、おまとめローンを利用する上では、利用する前と後での金利、毎月の返済金額と最終的な返済総額をよく照らし合わせた上で利用していくことが非常に重要となってきます。

今回はデメリットについてもご紹介しましたが、おまとめ前と後での金利差が殆どなく、返済期間が極端に変わらない限りは、基本的にはメリットの方が大きいものですので、複数の会社からの借金で頭を悩ませている場合は、是非とも一度おまとめローンの検討をしてみてください。

Continue Reading