収入証明書不要のカードローンの選び方

収入証明書とは、自分の収入の金額を証明するための書類で、カードローンの審査でも提出が必要となる場合があります。ただ、一定の条件を満たせば収入証明書が不要となることも多いため、手続きを急いでいる場合は収入証明書不要のカードローンを利用するのもひとつの方法となります。

収入証明書不要のカードローンとは

プロミスのカード

収入証明書不要のカードローンとは、審査の手続きの段階で収入証明書を提出しなくても契約することができるサービスのことを指しています。この場合は必要書類は免許証などの身分証明書だけになりますので、書類の準備に時間や手間がかからないのがメリットです。

収入証明書が必要となるときは、会社勤めの人は源泉徴収票、自営業の人は確定申告書を提出することが多く、その他にも役所で取得できる課税証明書などがありますが、いずれも取得するのに時間がかかる場合があるのが難点です。

消費者金融の審査での収入証明書

源泉徴収書

消費者金融のサービスでは、比較的少額の借り入れでも収入証明書が必要となる場合が多いため注意が必要です。一般的には契約金額が50万円を超えたあたりから収入証明書が必要となることが多く、さらに申し込みをする会社と他社サービスの合計が100万円を超える場合にも提出が必要となることが多いです。

消費者金融には総量規制という決まりがあり、年収に対して借入可能な上限がありますのでそれを明確にするためにも収入証明書の提出が重要となるためです。消費者金融の場合は直近2ヶ月分などの給与明細の収入証明書として提出できる場合が多いですので比較的手続きがしやすいという面もあります。

収入証明書不要のサービスは銀行カードローンがおすすめ

もしカードローンの借り入れで収入証明書の準備が大変なため収入証明書不要のサービスを探しているなら、銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンでもほとんどのサービスが一定金額以上の借り入れを希望する場合は収入証明書が必要となりますが、消費者金融と比べると収集証明書が不要となる場合が多いです。

プロミス 50万円
アコム 50万円
ノーローン 50万円
アイフル 50万円

銀行カードローンの場合は利用限度額が200~300万円を超えたあたりから収入証明書が必要になるというケースが多く、個人でそこまでの金額を借り入れすることはあまりありませんので、一般的な借り入れではほとんどの場合が収入証明書不要となります。一部のサービスでは利用限度額に関わらず収入証明書が一切不要となっている場合もあります。

また銀行カードローンであれば、借り換えやおまとめローンを使用する際に、総量規制対象外になるため収入証明書は必要になりますが、年収の3分の1以上の借入が可能です。

量規制の「例外」:おまとめローン・乗り換えローン・医療費ローン・個人事業者による借入

引用 総量規制対象外のカードローン

また、上記のローンに限り総量規制の「例外」にあたるため、こちらも年収の3分の1以上の借入が可能です。

Continue Reading

カードローンの審査基準について

カードローンを利用するためには申し込みの手続きの時に必ず審査が必要となります。審査に不合格となってしまうと、そのことが信用情報として記録されてしまいますので、できるだけ避けたいですよね。まずはカードローンの審査がどのような基準で行われているかを知っておきましょう。

カードローンの審査基準

クレジットカードイメージ

具体的な審査基準は公表されていない

カードローンを運営している会社はたくさんあり、それぞれ独自に審査の基準を持っていますが、申し込みを検討している人に審査基準を公表することはありません

また残念ながら審査に落ちてしまったときに、その審査結果の理由を問い合わせしても回答してもらえることはありません。ただし、ある程度どの会社も参考にするであろうという基本的の判断基準はありますので、事前に知っておくとより安心して申し込みすることができるでしょう。

年収や家族構成などについて

カードローンの審査では申し込みをした人にお金を貸してもしっかりと返済ができるかどうか審査で判断しています。返済能力を判断する上で重要となる収入についての情報は重要な基準となります。

収入については年収の金額が重要なのはもちろんですが、勤続年数も重要で入社したばかりの人は評価が低くなってしまうことがあります。勤務形態はパートやアルバイトでも問題なく利用できるようになっていますが正社員や公務員などの方が安定していると考えられ評価が高くなります。勤務先の収入に加えて住居の種類や家族構成なども申し込み時に申告するようになっていますがこれらの項目も審査で参考とされています。

信用情報について

カードローンの審査では信用情報がどのような状態になっているかというのが大変重要なポイントとなります。信用情報とは過去から現在までのローンやクレジットカードなどのサービスの利用状況が記録されたものです。

これらの信用情報はCICという機関で開示することができます。

指定信用情報機関のCIC

これからカードローンの申し込みをする会社の利用が初めてであっても、他社の利用状況はかなり詳細に情報共有されていますので、 過去にどのような利用履歴を持っているかは一通り知られることになるというつもりで手続きをしましょう。もし以前にカードローンやクレジットカードの利用料金を長期的に滞納したり、支払いをせず解約になったような記録があれば、 そのことが審査の段階で判明しますのでカードローンの契約は難しくなってしまいます。

Continue Reading