収入証明書不要のカードローンの選び方

収入証明書とは、自分の収入の金額を証明するための書類で、カードローンの審査でも提出が必要となる場合があります。ただ、一定の条件を満たせば収入証明書が不要となることも多いため、手続きを急いでいる場合は収入証明書不要のカードローンを利用するのもひとつの方法となります。

収入証明書不要のカードローンとは

プロミスのカード

収入証明書不要のカードローンとは、審査の手続きの段階で収入証明書を提出しなくても契約することができるサービスのことを指しています。この場合は必要書類は免許証などの身分証明書だけになりますので、書類の準備に時間や手間がかからないのがメリットです。

収入証明書が必要となるときは、会社勤めの人は源泉徴収票、自営業の人は確定申告書を提出することが多く、その他にも役所で取得できる課税証明書などがありますが、いずれも取得するのに時間がかかる場合があるのが難点です。

消費者金融の審査での収入証明書

源泉徴収書

消費者金融のサービスでは、比較的少額の借り入れでも収入証明書が必要となる場合が多いため注意が必要です。一般的には契約金額が50万円を超えたあたりから収入証明書が必要となることが多く、さらに申し込みをする会社と他社サービスの合計が100万円を超える場合にも提出が必要となることが多いです。

消費者金融には総量規制という決まりがあり、年収に対して借入可能な上限がありますのでそれを明確にするためにも収入証明書の提出が重要となるためです。消費者金融の場合は直近2ヶ月分などの給与明細の収入証明書として提出できる場合が多いですので比較的手続きがしやすいという面もあります。

収入証明書不要のサービスは銀行カードローンがおすすめ

もしカードローンの借り入れで収入証明書の準備が大変なため収入証明書不要のサービスを探しているなら、銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンでもほとんどのサービスが一定金額以上の借り入れを希望する場合は収入証明書が必要となりますが、消費者金融と比べると収集証明書が不要となる場合が多いです。

プロミス 50万円
アコム 50万円
ノーローン 50万円
アイフル 50万円

銀行カードローンの場合は利用限度額が200~300万円を超えたあたりから収入証明書が必要になるというケースが多く、個人でそこまでの金額を借り入れすることはあまりありませんので、一般的な借り入れではほとんどの場合が収入証明書不要となります。一部のサービスでは利用限度額に関わらず収入証明書が一切不要となっている場合もあります。

また銀行カードローンであれば、借り換えやおまとめローンを使用する際に、総量規制対象外になるため収入証明書は必要になりますが、年収の3分の1以上の借入が可能です。

量規制の「例外」:おまとめローン・乗り換えローン・医療費ローン・個人事業者による借入

引用 総量規制対象外のカードローン

また、上記のローンに限り総量規制の「例外」にあたるため、こちらも年収の3分の1以上の借入が可能です。

You may also like