カードローンの審査基準について

カードローンを利用するためには申し込みの手続きの時に必ず審査が必要となります。審査に不合格となってしまうと、そのことが信用情報として記録されてしまいますので、できるだけ避けたいですよね。まずはカードローンの審査がどのような基準で行われているかを知っておきましょう。

カードローンの審査基準

クレジットカードイメージ

具体的な審査基準は公表されていない

カードローンを運営している会社はたくさんあり、それぞれ独自に審査の基準を持っていますが、申し込みを検討している人に審査基準を公表することはありません

また残念ながら審査に落ちてしまったときに、その審査結果の理由を問い合わせしても回答してもらえることはありません。ただし、ある程度どの会社も参考にするであろうという基本的の判断基準はありますので、事前に知っておくとより安心して申し込みすることができるでしょう。

年収や家族構成などについて

カードローンの審査では申し込みをした人にお金を貸してもしっかりと返済ができるかどうか審査で判断しています。返済能力を判断する上で重要となる収入についての情報は重要な基準となります。

収入については年収の金額が重要なのはもちろんですが、勤続年数も重要で入社したばかりの人は評価が低くなってしまうことがあります。勤務形態はパートやアルバイトでも問題なく利用できるようになっていますが正社員や公務員などの方が安定していると考えられ評価が高くなります。勤務先の収入に加えて住居の種類や家族構成なども申し込み時に申告するようになっていますがこれらの項目も審査で参考とされています。

信用情報について

カードローンの審査では信用情報がどのような状態になっているかというのが大変重要なポイントとなります。信用情報とは過去から現在までのローンやクレジットカードなどのサービスの利用状況が記録されたものです。

これらの信用情報はCICという機関で開示することができます。

指定信用情報機関のCIC

これからカードローンの申し込みをする会社の利用が初めてであっても、他社の利用状況はかなり詳細に情報共有されていますので、 過去にどのような利用履歴を持っているかは一通り知られることになるというつもりで手続きをしましょう。もし以前にカードローンやクレジットカードの利用料金を長期的に滞納したり、支払いをせず解約になったような記録があれば、 そのことが審査の段階で判明しますのでカードローンの契約は難しくなってしまいます。

You may also like